2011年04月11日

佐治さんの時計No.11

久しぶりに佐治さんの時計の紹介ですぴかぴか(新しい)


アポロを救いNASA のお陰で生き残った時計

オメガ スピードマスタープロフェッショナル

オメガ スピードマスタープロフェッショナル
文字盤3rd ケース5rd
Cal321のガッチャ
裏蓋、純正ウラスケ


一般的にオメガのイメージと言えば、実直で真面目な優等生と言えるかもしれない。

個人的にローレックスをしてるより、オメガの時計の方が、よそ様に良い印象を与えてくれそうな気が、何となくする。

しかし、オメガのデザインを振り返えると、主要モデルのデザインをガラリと何度となく変えている。今と昔とではコンステなんぞ、似ても似つかぬ別物である。
実は時代に合わせるミーハーな確信犯と言うのが実態ではないか?

その中で唯一例外なのが、スピードマスタープロである。中のムーヴが変わっても、デザインはマイナーチェンジこそはしてるが40年以上、原型を留めている。

オメガ スピードマスタープロフェッショナル

初の月面着陸、アポロ13号の奇跡の生還劇、NASAが公式時計として採用し続けてなければ、今頃オメガの他のモデル同様、ひょっとしたら似ても似つかぬ別物になっていたかもしれない。
オメガにしてみれば、例え変えたくても変えられない時計になったのだと思う。
アポロを救いNASAに救われた時計と言えよう!!

by saji
posted by Amekaji-fan STAFF | Comment(0) | 腕時計
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]