2009年11月23日

MOVADOモバード クロノグラフ

モバート クロノグラフ

1940年代製造 キャリバー95M ステンレス防水ケース

60分積算計や赤い針を採用し、下のプッシュボタンがスタート、ストップ、上のボタンがリセットという独自性を持った特長がある。

自社でクロノグラフを作り得たマニファクチュールの証しである。

HORLOGER ONLINE 栗崎賢一

ムーブメント

ムーブメントに目を転じると、ブレゲヒゲの採用と面取り、高級使用が施され外装と同様の独自性がいかんなく発揮されている。(ムーブメント写真:同型非防水ケース)

モバート クロノグラフ

モバートはあらゆる種類の時計を自社で製作していたということでは世界一といえるメーカーだ(前記事参照5月4日)

モバート クロノグラフ

文字盤やケースも独特なデザインで、ケース径も防水なのに34.5mmと小さくモバートの底力がうかがえる。

(OK)ドコモポイント
posted by Amekaji-fan STAFF | Comment(0) | 腕時計
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]