2017年04月13日

WAREHOUSE National Team Sweatshirts

WAREHOUSE / National Team Sweatshirts
UES / Check Shirt
MFSC x JUNKY / Indigo trousers 266
WESCO / BOSS
MFSC x JUNKY / Shoulder bag
HAMILTON / 1940's Cal.987A

皆様こんにちはっ!!
今日もぽかぽかと春の日差しが暖かく気持ちい〜ですにこにこ
なんとなーく夜も前よりは気温が高くなっている様な気はしますが...帰る時に上着がいらないぐらいの暖かい日が来るといいですね!
さて、早いものでついこの間4月に入ったかと思えば、もう中旬ダッシュ
これからどんどん新緑が眩しい季節ですきらきら
新年度も始まってしばらく経ちましたが、新入生の皆さん、新社会人の皆さん、少しは新しい生活に慣れましたでしょうか?
張り切り過ぎて体調を崩さないように気を付けましょうね手(パー)

では本日のコーディネート

WAREHOUSE ウォームアップスウェットシャツ、UES 追撚チェックシャツ

R0074341.jpg

ヒトラーの開会宣言で幕を開けた 1936年ベルリンオリンピック。
ベルリンオリンピックでアメリカ代表が着用した、ウォームアップスウェットシャツ。
首元前後にガゼットの付く、両V仕様。ややゆったりとしたアームホールのセットインスリーブ。
フロントには分厚いアップリケが縫い付けられている!

R0074344.jpg

1932年のロサンゼルスオリンピックから採用されているコットン100%のスウェットシャツは、当時の公式サプライヤーであったスポルディング社が手掛けている。
オリンピックはスポーツウェアの「万国博覧会」ともいえます。その時代のトップアスリートがハイテクの素材で競技に臨むのはもちろん、各国のスポーツウェアメーカーにとっても技術力を世界に披露するこの上ない舞台です。
1930年代は「コットンラインドフリース」即ち裏起毛のスウェットシャツが時代の最先端の素材であったそうです。
約80年も前のディティール・デザインが今も廃れることなく、作られていることがすごいです!!

JUNKYxMISTER FREEDON Indigo trousers 266

R0074347.jpg

40’sのトラウザースをベースとしたインディゴダック生地。
インディゴロープ染色された 経糸7番 緯糸8番の綿糸を使ってる。

R0074349.jpg

WESCO BOSS

R0074352.jpg

時計はアメリカンウォッチ ハミルトン

R0074353.jpg

1940年代 Cal.987A

R0074356.jpg

本日のコーディネートでした〜

R0074336.jpg

それでは('ω')ノ
posted by Amekaji-fan STAFF | コーディネート